キャリアプラン

充実した研修制度を活用して、さまざまなキャリアプランを描くことができます。

キャリアプラン

東京都交通局では経験と努力次第で、多彩な未来図が実現できます。職種別に、その一例をご紹介しましょう。

図
現場に答えを見いだしながら、自らの世界を大きく広げよう。 酒井 和則 Kazunori Sakai 総務部安全対策推進課長

東京都交通局には、多彩なキャリアの選択肢が用意されています。経験を積み、選考試験を経ることで、職員の指導教育などに携わる助役や、その先には各組織の長への昇任が可能です。次に目指せるキャリアのステップが明確なため、日々の仕事に取り組む上でのモチベーションの源泉にもなるはずです。
一方で、入局を志すみなさんの中には、「ずっと現場で腕を磨きたい」と考えている人もいることでしょう。私自身がそうでした。電車運転の仕事が好きで、一生ハンドルを握っていくぞ、と心に決めていました。転機は32歳のとき。昇任試験を受けることを選んだのは、自分が所属する組織をより良く変えていきたいと思うようになったからです。実際に乗務助役となり、訓練の内容を新たに提案・実行するなど、さまざまな企画立案にも関わるようになりました。その後の本局勤務では、列車のダイヤ作成や、イベントの企画なども経験し、その都度、達成感や充実感を味わってきました。
キャリアのステップを積むほどに、見える景色も変わります。入局当初は自分がいる組織の中だけを見ていたのが、やがて管理所全体や交通局全体へと見る範囲が広がり、現在は交通局以外の関係機関や、他の鉄道会社、都・国との調整業務も手がけています。いろいろな人と関わって自分の視野や世界が広がり、より大きなやりがいを得られる。そこにキャリアを積む醍醐味を感じています。
同時に私は、「現場に答えがある」と自分にも部下にも言い続けています。お客様にサービスを提供する最前線、技術で安全を追求する最前線に、答えは必ずあります。迷ったときは、現場の視点に立ち返ること。それを常に意識しながらキャリアを重ねていくことで、根本の目的を見失うことなく、着実にステップアップを実現できるのではないでしょうか。

図

人材育成

東京都交通局では、プロフェッショナル職員の育成や技術力の維持・向上を目指し、主に3つの分野を柱とした研修を実施しています。

○安全・安心の確保に向けた研修
お客様の安全・安心を最優先に確保するため、「安全に対する強い意識と使命感を持った職員」を育成します。

○お客様が求める質の高いサービスの提供に向けた研修
多様化・高度化するお客様のニーズを敏感に感じ取り、「お客様に心から喜んでいただける質の高いサービスを実践できる職員」を育成します。

○職務遂行能力の向上に向けた研修
交通事業に携わる者として、「鋭敏な経営感覚を持ち、事業に精通した職務遂行能力の高い職員」を育成します。