ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ニュース

都営バスのニュース【報道発表】

  • 環境局
  • 東京都交通局

量産型燃料電池バスが導入されました

東京都は、水素社会の実現に向けて、水素ステーションの整備拡大や燃料電池自動車・バスなどの普及に取り組んでおります。
このたび、量産型燃料電池バスを交通局が3両導入し、都05-2系統(東京駅丸の内南口~東京ビッグサイト)で3月29日より運行を開始することとしましたので、お知らせします(昨年3月から運行の2両と合わせ計5両となります。)。
環境局では、燃料電池バスについて2020年までに都内で100両以上の普及を目指しており、「燃料電池バス導入促進事業」の着実な実施及び水素ステーションの整備促進によりバス事業者の取組を後押ししています。

画像:今回導入の車両

今回導入の車両

画像:昨年導入の車両

昨年導入の車両

主な停留所

東京駅丸の内南口→有楽町駅→銀座四丁目→築地三丁目→勝どき駅→有明テニスの森→東京ビッグサイト 東京ビッグサイト→有明テニスの森→勝どき駅→築地三丁目→銀座四丁目→有楽町駅→東京駅丸の内南口

画像:運行経路

本件は、「ホストシティTokyoプロジェクト」に係る事業です。
「カテゴリー:環境 プロジェクト名:水素エネルギー利活用の促進」

「2020年に向けた実行プラン」事業

本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱1 スマートエネルギー都市」

【お問い合わせ先】

燃料電池バスの運行に関すること
都営交通お客様センター:03-3816-5700(9時から20時まで 年中無休)

ページの先頭へ