ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

ニュース

都営地下鉄のニュース【お知らせ】

  • 東京都交通局

軌道施工管理者の資格、認定申請の募集について

平成29年度 軌道施工管理者の資格、認定申請を募集します。

申請資格

平成30年度以降に軌道工事の受注を希望し、かつ、平成29、30年度の東京都建設工事等競争入札参加有資格者で「軌道」業種の登録をしている者

「軌道施工管理者」の資格があると何ができる?

当局が発注する都営地下鉄及び都電荒川線の軌道工事において、当局職員の代りに保線業務の一部立会いを、受注者が行うことができます。
また、軌道施工管理者の資格、認定が必要となる軌道工事の入札に参加することができます。

1.募集内容

地下鉄及び路面軌道の営業線保線業務における「軌道施工管理者」資格、認定

2.認定講習会日

平成29年11月29日(水)から12月1日(金)まで

3.講習会会場

交通局研修所
住所:東京都江東区東雲2-7-41(別紙案内図参照

4.講習会内容

(1)新規講習の場合(約3日間)

地下鉄及び荒川線の概要及び構造、地下鉄及び路面の電気設備、安全管理等

(2)新規扱い講習の場合(約3日間)

地下鉄及び荒川線の概要及び構造、地下鉄及び路面の電気設備、安全管理等

(3)継続講習の場合(約2日間)

地下鉄及び路面の電気設備、安全管理等

  • 新規講習対象者とは、新たに軌道施工管理者として認定を受けるものをいう。(認定失効者を含む)
  • 新規扱い講習対象者とは、軌道施工管理者として認定を受けている者のうち、過去3年以内に6か月以上当局発注の営業線での軌道工事に関し「軌道施工管理者」として工事に従事したことのない者をいう。
  • 継続講習対象者とは、軌道施工管理者として認定を受けている者のうち、過去3年以内に6か月以上当局発注の営業線での軌道工事に関し「軌道施工管理者」として工事に従事した実務経験を有する者をいう。

5.理解度確認試験及びクレペリン検査

(1)理解度確認試験

新規受講者

90分間 50問

新規扱い受講者

45分間 25問

継続受講者

45分間 25問

(2)クレペリン検査

全受講者 約60分間(説明を含む。)

6.合否判定

軌道施工管理者の合否は、講習会を全て受講後、理解度確認試験及びクレペリン検査の結果により合否を判定し、軌道施工管理者の認定を通知します。
(認定通知については平成30年2月頃を予定)

7.申請資格

  • (1)軌道施工管理者の申請資格は、職務遂行に支障のない身体・能力を有し、軌道業者と恒常的雇用関係にあり、かつ、次のアまたはイに該当し、ウの条件を満たす者とする。
    • 軌道工事に関し5年以上の実務経験を有し、実務経験には1年以上の営業線軌道工事の経験を含むこと。
    • 当局退職者が申請する場合は、前項の規定にかかわらず、保線管理所に3年以上在籍した者
      • 視力:両眼で0.7以上、片眼0.3以上(矯正可)
      • 色覚:正常であること。
      • 聴力:純音聴力検査1000Hz 40dB以内、4000Hz 65dB以内。
  • (2)1年以上の営業線軌道工事の実務経験のうち、鉄道の保守に関する実務経験が6か月に満たない場合は、路面軌道のみの軌道施工管理者として認定します。
  • 「軌道業者」とは、今年度に「軌道」業種として東京都の入札参加有資格者である業者をいう。

8.申請時に必要な書類等

  • (1)軌道施工管理者認定証交付申請書(様式1号
  • (2)経歴書(様式2号
  • (3)恒常的雇用関係が確認できる書類(保険証の写し等)
  • (4)認定証用写真(縦30×横24mm)新規申請2枚、継続申請1枚(写真裏面に氏名を記入すること。)
  • (5)医学適性検査結果(視力、色覚、聴力)
    • 医学適正検査結果の添付書類は、視力、色覚、聴力が確認できる書類とし、申請日から1年以内に行われたものを有効とする。
    • 色覚について、運転免許証(写)では不可とする。

9.認定証について

(1)認定証の交付

認定に当たっては、軌道業者宛通知書を交付するとともに、認定された軌道施工管理者には、氏名、認定証交付日を記載した認定証を交付します。
なお、路面軌道のみの軌道施工管理者の場合は、認定証に「荒川線限定」と記載します。

(2)認定証の効力

認定証は、工事請負契約ごとに効力を有します。効力の発生は、認定証交付後、請負工事ごとに当該路線で必要な講習(現場講習)の受講をもって、その工事についての効力を発生します。

(3)認定証の有効期間

交付の日から3年後の年度末までとする。ただし、工事が有効期間を超えて継続するときは、その工事完了までとする。

10.申込方法

  • (1)申込は持参のみとします。(郵送不可)
  • (2)申請受付期間
    平成29年10月16日(月)から10月27日(金)まで午前10時から午後4時まで(ただし、土休日及び正午から午後1時を除く。)
  • 申請された書類は、返却いたしません。
  • 申請された個人情報につきましては、軌道施工管理者認定事務以外に使用することはありません。

11.資格・認定要領

12.その他

講習内容及び認定手続等について、変更が生じた場合は、申請者に変更内容等を通知します。

13.申請及び質問の受付窓口

〒163-8001
東京都新宿区西新宿二丁目8番1号 都庁第二庁舎24階中央
TEL 03(5320)6147
東京都交通局 建設工務部 保線課 軌道担当

ページの先頭へ