ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

予算

平成31年度予算原案

  • 交通局は、安全・安心の確保を最優先に、質の高いサービスや、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会(以下「東京2020大会」という。)の成功に向けた取組を着実に進めていく必要があります。
    また、都の施策とも幅広く連携し、「新しい東京」の実現に向けて積極果敢に取り組んでいく必要があります。
    さらに、安定した事業運営を行っていくため、経営基盤を強化していく必要があります。
  • 平成31年度予算は、策定中の経営計画の初年度予算として、次の3点を基本として予算を編成しました。
  1. 安全・安心の確保を最優先に、お客様サービスの向上や東京の発展に貢献する取組を計画的かつ着実に進めること。
  2. 将来の厳しい事業環境にあっても、中長期的に安定した事業運営を行える強固な経営基盤を確立するため、限られた経営資源を最大限に活用し、これまで以上に増収に努めるとともに、より一層無駄の排除を徹底するなど、ワイズ・スペンディング(賢い支出)で都民ファーストの視点に立った取組を推進すること。
  3. 翌年度に迫った東京2020大会期間中における輸送の主力を担う公共交通機関として、安全で安定的な輸送及び快適で利用しやすいサービスの提供を実現するため、関係機関と密接に連携しながら、万全の準備を行うこと。

ページの先頭へ