ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

関連事業

PASMOナビ

4.都営地下鉄、都バス、都電、日暮里・舎人ライナーでの利用方法

(1)都営地下鉄、日暮里・舎人ライナーに乗るとき

全駅の自動改札機でご利用いただけます。
乗車駅で入場するとき及び下車駅で出場するときに自動改札機の読み取り部にタッチしてください。パスケースに入れたままでも利用できます。
運賃は出場時(下車駅)で差し引きます。入場時(乗車駅)での初乗り運賃の差し引きはしません。
SF残額はタッチの都度、画面に表示されます。
入出場の処理を確実に行うため、PASMOは自動改札機の読み取り部に水平にタッチしてください。
読み取りを確認した合図として「ピッ」又は「ピピッ」などの音がします。正常に読み取りできない場合は、電子音が「ピピピピピ」と鳴ってお知らせしますので、もう一度タッチしてください。

自動改札機 読み取りイメージ

a.乗り越し精算

あらかじめPASMO定期券にチャージしておくことにより、定期券区間以外で乗り降りしたときも自動改札機で自動的に運賃を精算することができます。
SF残額が精算額に満たないときは、自動精算機でチャージして精算してください。精算券は発行されません。チャージしたPASMOを自動改札機にタッチして出場してください。

乗り越し精算イメージ

b.乗り換え

乗換駅で途中に改札口がある場合は、自動改札機にタッチして乗り換えてください。都営浅草線「東日本橋」と都営新宿線「馬喰横山」、都営浅草線「蔵前」と都営大江戸線「蔵前」の乗り換えについては、運賃を通しで計算します。都営線と東京メトロ線など他社線との乗り換えで乗継割引運賃が適用される区間については、下車駅で割引運賃が適用されます。
自動改札機にタッチしないで乗り換えると、下車駅で正しい運賃が差し引けなくなります。
乗り換えは30分以内にお願いします。30分以上経過すると、正しい運賃が差し引けなくなります。

c.障害者等の割引運賃

IC乗車券で乗車する場合は、本人及び介護者のIC乗車券をそれぞれ自動改札機にタッチしてご乗車ください。
下車駅または乗換駅では自動改札機にタッチせず、有人改札口で手帳(身体障害者手帳・療育手帳)とIC乗車券を提示して駅係員にお申し出ください。無人の改札口では、インターホンでお申し出ください。
なお、自動改札機にタッチして出場すると割引を適用しない運賃を差し引きますので、ご注意ください。

  • [注1]PASMOのSF残額が初乗り運賃に満たない場合は入場することができません。PASMO対応の自動券売機又は自動定期券発売機でチャージしてからご利用ください。
  • [注2] PASMOのSF残額が精算額に満たない場合、下車駅では有人改札口で精算して出場するか、自動精算機でチャージしてから自動改札機で出場してください。
  • [注3]PASMOと他の乗車券(きっぷ、回数券、定期券[磁気券]、一日乗車券、シルバーパスなど)とを組み合わせて自動改札機を入出場することはできません。(例外として、一部の乗り換え専用改札口で可能な場合があります。)
  • [注4]他の乗車券(きっぷ、回数券、定期券[磁気券]、一日乗車券、シルバーパスなど)でご乗車の場合、お手持ちのPASMOを自動改札機の読み取り部に近づけないようにしてください。センサーが感知して運賃を差し引いてしまう可能性があります。
  • [注5] PASMOを2枚重ねた状態でタッチするとエラーになります。(他のICカードも同様です。)
  • [注6]1枚はパスケース・もう1枚はバッグの中というように複数のPASMOを別々に持っていた場合は、センサーが感知して両方のカードから運賃を差し引いてしまう可能性がありますので、使用しないカードを読み取り部に近づけないようにしてください。(他のICカードも同様です。)
  • [注7] PASMOでご乗車の場合(PASMO定期券で定期券区間内をご利用の場合を除く。)は、振替輸送の対象になりません。別途、実際にご乗車になる区間の運賃が必要です。
  • [注8]PASMOを入場券としてご利用いただくことはできません。
  • [注9]PASMOを自動改札機の投入口に入れないでください。

(2)都バス・都電に乗るとき

都バス全路線(江東01系統[江東区コミュニティバス「しおかぜ」]を除く。)と都電荒川線でご利用いただけます。
PASMOをご利用いただける車両にはこのマークを表示しています。

PASMOご利用可能車両マーク

a.東京23区内

乗車時にPASMOを料金機のICカード読み取り部にタッチすると自動的に運賃を差し引きます。
SF残額はタッチの都度、画面に表示されます。
処理を確実に行うため、PASMOは料金機のICカード読み取り部に水平にタッチしてください。
読み取りを確認した合図として「ピッ」又は「ピピッ」などの音がします。正常に読み取りできない場合は、電子音が「プププププ」と鳴ってお知らせしますので、もう一度タッチしてください。

東京23区内 ICカード読み取りイメージ

b.多摩地域

乗車時にPASMOを乗車リーダーにタッチしたうえで、降車時にそのPASMOを料金機のICカード読み取り部にタッチしてください。
乗車時に整理券を取る必要はありません。
SF残額はタッチの都度、画面に表示されます。
処理を確実に行うため、PASMOは料金機のICカード読み取り部に水平にタッチしてください。
読み取りを確認した合図として「ピッ」又は「ピピッ」などの音がします。正常に読み取りできない場合は、電子音が「プププププ」と鳴ってお知らせしますので、もう一度タッチしてください。

多摩地域 ICカード読み取りイメージ

  • [注1]PASMOのSF残額が不足している場合は、不足金額を現金で精算するか、車内でチャージして精算することができます。(現金で精算する場合は現金運賃を適用します。10円単位の不足額をお支払いください。チャージは1,000円紙幣に限ります。)
  • [注2]他の乗車券(定期券[紙券]、一日乗車券[紙券・磁気券]、シルバーパス、など)でご乗車の際は、お手持ちのPASMOを料金機のICカード読み取り部に近づけないようにしてください。センサーが感知して運賃を差し引いてしまう可能性があります。
  • [注3]PASMOを2枚重ねた状態でタッチするとエラーになります。(他のICカードも同様です。)
  • [注4] 1枚はパスケース・もう1枚はバッグの中というように複数のPASMOを別々に所持されている場合には、センサーが感知して両方のカードから運賃を差し引いてしまう可能性がありますので、使用しないカードを読み取り部に近づけないようにしてください。(他のICカードも同様です。)
  • [注5]PASMOのSFで、定期券、都営まるごときっぷなどをお買い求めいただくことはできません。現金でお買い求めください。ただし、「都バスIC一日乗車券」及び「都電IC一日乗車券」については、PASMOのSFから発売額を差し引きます。(現金でお買い求めいただくことはできません。)
  • [注6]都バス及び都電をSFでご利用になる場合、乗務員の操作により複数人で利用することができます。複数人でご利用の際は事前に乗務員にお申し出ください。なお、定期券の複数人利用はできません。
  • [注7] PASMO定期券(都バスIC定期券を含む)又は、都バスIC一日乗車券で深夜バス(ミッドナイト25)をご利用の場合は、料金機のICカード読み取り部にタッチしていただくと深夜差額をPASMOのSFで自動精算します。PASMOのSF残額が不足している場合は、料金機のICカード読み取り部にタッチしたあと、深夜差額の支払い方法(現金またはPASMOへチャージしての支払いの別)を乗務員にお申し出ください。なお、午前0時から午前4時になるまでの間は、有効期限が前日の乗車券も同様にご利用いただけます。運行日が有効開始日となる都バスIC定期券は、午前0時から午前4時になるまでの間、タッチによる定期券利用および深夜差額精算ができません。都バスIC定期券とIC定期券内容控をお手元にご用意のうえ乗務員にお申し出ください。
  • [注8] 身体障害者等の割引運賃制度をご利用の場合は、乗車時にPASMOをタッチする前に障害者手帳などを提示のうえ、乗務員にお申し出ください。多摩地域では、乗車時にPASMOを乗車リーダーにタッチしたうえで、降車時にPASMOをタッチする前に障害者手帳などを提示のうえ、乗務員にお申し出ください。なお、乗務員にお申し出がなくタッチした場合および乗務員が割引運賃設定を行う前にタッチした場合には、割引運賃が適用されませんのでご注意ください。

ここからサイトのご利用案内です。

サイトのご利用案内ここまでです。