ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

運賃・乗車券・定期券

割引運賃

バス利用特典サービス(バス特)(PASMO・Suicaのみ対象)

PASMOによる都バス及び都電のご利用額に応じて、都バス及び都電の運賃の支払いに使用することができる「特典バスチケット」を付与するサービスです。
申し込み手続きは不要です。
バス特は、バス利用特典サービスを実施する事業者でご利用いただける共通のサービスです。ただし、バスポイントの付与率は実施事業者により異なります。

a.バス特の仕組み

ア.PASMOのSFで都バス・都電をご利用いただくと、運賃の支払い1円につき1バスポイントがPASMOに記録されます。
イ.バスポイントの累積が1,000ポイント増加する毎に、特典バスチケット(100~330円分)が自動的に付与され、PASMOに記録されます。
ウ.特典バスチケットは、次回以降の都バス又は都電のご利用時に、IC運賃額を上限として10円単位でSFに優先して自動的に運賃の支払いに使用されます。

[注1] バスポイントは、10,000ポイントを上限として累積されます。10,000ポイントを超えた場合は、超過分に相当するポイント数を繰り越したうえで、再度0ポイントから累積されます。
[注2] バスポイントは、毎月1日から月末までの間累積されます。翌月1日には、新たに0ポイントから累積されます。
[注3] バスポイントは、バス特を実施する他社のバス等を利用した場合でも合算して累積されます。
[注4] 特典バスチケットは、バス特を実施する他社のバス等を利用した場合でもSFに優先して自動的に使用されます。
[注5] 特典バスチケットの有効期間は、付与された日から10年間です。
[注6] 都バスIC一日乗車券・都電IC一日乗車券の購入はバス利用特典サービスの対象にはなりません。
[注7] PASMOに記録されたバスポイントの累積ポイント数及び未使用の特典バスチケット額は、都バス・都電の営業所・支所及び車内で確認することができます。車内で確認する場合は停車中に乗務員にお申し出ください。
[注8] 特典バスチケットの累積額や使用額は、利用履歴に表示・印字されません。
[注9] 特典バスチケットは鉄道ではご利用いただけません。電子マネーとしてご利用いただくこともできません。
[注10] Suica(モバイルSuicaを含む。)も同様の取扱いです。

b.都営バスにおけるポイント・チケットご提供額(都営バスIC206円均一区間のみを利用した場合)

都営バスにおけるポイント・チケットご提供額(都営バスIC206円均一区間のみを利用した場合)の一覧

[注1] 累積2,000ポイントまでは、1,000ポイントにつき100円分のチケットがつきます。
[注2] 累積3,000~4,000ポイントのときは、1,000ポイントにつき160円分のチケットがつきます。
[注3] 累積5,000ポイントになったときは、330円分のチケットがつきます。SFでの運賃支払額の累計5,000円に対して、チケットを累計で850円分(850÷5,000=17%相当分)つけたことになります。
[注4] 累積6,000ポイントになったときは、170円分(6,000-5,000=1,000円の17%相当分)のチケットがつきます。
[注5] 累積7,000~10,000ポイントのときは、1,000ポイントにつき180円分のチケットがつきます。

乗継割引(都電荒川線では実施しません。)(PASMO・Suicaのみ対象)

PASMOを使って都バスから都バスへ乗り継ぐときに、運賃精算時から90分以内に次の運賃精算をした場合、大人100円/小児50円を自動的に割引くサービスです。
申し込み手続きは不要です。

[注1] 乗継割引は、PASMO1枚につき、お一人に限り適用されます。
[注2] 1枚のPASMOのSFで、運賃を一度に支払う場合に限り適用します。
[注3] AL01系統(普通運賃が大人100円の路線)は乗継割引制度の対象外です。
[注4] 乗継割引は、1日に複数回適用しますが、連続して適用しません。
(例:2乗車目が割引になった後、90分以内に乗り継いでも3乗車目は割引になりません。)
[注5] 都バスIC定期券および都バスIC一日乗車券で乗車の際に、同伴者の運賃を同じPASMOで精算する場合には乗継割引の適用はされません。
[注6] 都バスと都バス以外の都営交通間の乗継割引はありません。また、都バスから都バスに乗り継ぐ間に、都電または他の事業者のバス等を利用した場合には乗継割引は適用されません。
[注7] 小児用PASMOで小児運賃を含む運賃精算をする場合、または、お申し出により小児用以外のPASMOで小児運賃のみを精算する場合には、小児の割引額を適用します。
[注8] 午前4時をまたぐ運賃精算には、乗継割引は適用しません。
[注9] 身体障害者手帳等により割引運賃が適用される場合、運賃精算前に乗務員にお申し出のうえ手帳等を提示してください。割引運賃からさらに大人50円/小児20円を割引します。
[注10] 放送大学等の通信教育制度により割引運賃が適用される場合には、乗継割引は適用しません。
[注11] 乗継割引適用の有無や割引額は、利用履歴に表示・印字されません。
[注12] Suica(モバイルSuicaを含む。)も同様の取扱いです。

都営バス環境(エコ)定期券制度

都営バスの通勤定期乗車券(通学、学生用定期券及び、豊洲01系統指定定期券は除く)をお持ちのお客さまが同伴する同居のご家族が、ご乗車される場合、土・日・祝日等に限り1乗車100円(小児50円)の割引運賃でご乗車になれます。
ご利用の際は乗務員までお申し出ください。
また、券面表示区間外で都営バスにご乗車の場合は、ご本人、ご家族とも割引運賃でご乗車になれます。

[注]シルバーパス、都営交通無料乗車券、都営交通乗車証は適用外です。

対象日

土・日・祝日および8/12~8/16、12/25~1/7

運賃

大人100円、小児50円(現金のみ)

適用範囲

多摩地域を含む都営バス全路線(深夜バスを除く)

障害者の割引

身体障害者の方

対象者

身体障害者福祉法第15条第4項の規定により交付を受けた身体障害者手帳を所持する方及びその介護者の方

割引率

普通運賃:50%割引、定期券:30%割引(豊洲01系統指定定期券は除く。)

ご利用方法

普通運賃については乗車時(多摩地域では降車時)に、身体障害者手帳を提示のうえ、乗務員までお申し出下さい。定期券については購入時に、身体障害者手帳を提示してください。

知的障害者の方

対象者

東京都が発行する愛の手帳を所持する方及びその介護者の方、療育手帳制度要綱(厚生事務次官通知)に規定する療育手帳を所持する方及びその介護者の方

割引率

普通運賃:50%割引、定期運賃:30%割引(豊洲01系統指定定期券は除く。)

ご利用方法

普通運賃については乗車時(多摩地域では降車時)に、愛の手帳、療育手帳を提示のうえ、乗務員までお申し出下さい。定期券については購入時に、愛の手帳、療育手帳を提示してください。

精神障害者の方

対象者

精神保健及び精神障害者福祉に関する法律により交付を受けた精神障害者保健福祉手帳を所持する方及びその介護者の方

割引率

普通運賃:50%割引、定期運賃:30%割引(豊洲01系統指定定期券及び都営交通連絡定期券は除く。)

ご利用方法

普通運賃については乗車時(多摩地域では降車時)に、精神障害者保健福祉手帳を提示のうえ、乗務員までお申し出下さい。定期券については購入時に、精神障害者保健福祉手帳を提示してください。

放送大学生・通信教育生の割引

放送大学生

対象者

放送大学学園法第4条第1項第1号の規定により設置された大学の全科履修生及び修士全科生であることを証する身分証明書を所持する方(授業又は試験、学校行事等への参加のために通学で乗車する場合に限る。)

割引率

普通運賃:20%割引

ご利用方法

乗車時(多摩地域では降車時)に、対象の学生であることを確認できる身分証明書を提示し、大学から発行された乗車割引整理券を提出してください。

通信教育生

対象者

学校教育法第45条第1項又は第2項に規定する高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。)の通信制課程の生徒及び同法第52条の2に規定する大学の通信教育課程の学生であることを証する登校期間を明示した通学証明書を所持する方(授業又は試験、学校行事等への参加のために通学で乗車する場合に限る。)

割引率

普通運賃:20%割引

ご利用方法

乗車時(多摩地域では降車時)に、登校期間が明記された通学証明書を提示してください。

ページの先頭へ