ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
サイトのご利用案内(i)へ

電気事業

白丸発電所

白丸発電所は、白丸調整池ダムに併設された発電所です。
平成12年までは、白丸調整池から多摩川第三発電所までの多摩川の河川機能維持と観光目的から、一定水量を白丸調整池ダムのゲートから放流していました。この放流水を有効活用するために建設されたのが白丸発電所で、周辺の環境に配慮して、その大部分が地下に設置されています。

画像:白丸発電所イメージ図

白丸発電所イメージ図

[白丸発電所諸元]

運転開始年月 平成12年11月
発電方式 ダム式
流域面積 397.0平方キロメートル
最大出力 1,100キロワット
最大使用水量 5.30立方メートル/秒
最大有効落差 24.05メートル

画像:白丸発電所 水車・発電機

白丸発電所 水車・発電機

[白丸発電所機器諸元]

水車 横軸フランシス水車
出力 1,114キロワット 1台
出力 160キロワット 1台
計 2台
発電機 横軸三相同期発電機
出力 1,100キロボルトアンペア
電圧 6,600ボルト 1台
主要変圧器 三相内鉄型
屋内乾式自冷式
モールド変圧器
容量 1,110キロボルトアンペア 1台
主要遮断器 真空遮断器
電圧 7.2キロボルト
電流 600アンペア
遮断電流 12.5キロアンペア 1台

ページの先頭へ