ページの先頭です

ページ内を移動するためのリンク
本文(c)へ
グローバルナビゲーション(g)へ
ローカルナビ(l)へ
サイトのご利用案内(i)へ

地下鉄関連情報

安全対策

列車運行管理(安全運行)

都営地下鉄では、列車集中制御装置(CTC)を中心とした運行管理システム(PTC)の導入で、駅にある転てつ器と信号機を運輸指令所で集中的に制御し、列車の運行状況を監視しながら、列車の運転を能率的に行うよう運行管理を行っています。
運輸指令所には、全線の運行状況を表示する「運行表示盤」を設置し、列車の動きが一目でわかるようになっています。

列車運行管理画像

ATS(自動列車停止装置)

浅草線に設置しています。列車が速度を制限しなければならない信号区域に進入すると、運転席にある車内警報装置が作動してベルが鳴り、運転士に注意を促します。列車が注意信号や停止信号に接近し、制限速度を超えて信号機を通過した場合には、自動的にブレーキがかかり、列車を減速又は停止させるものです。
また、車両の最高速度を自動的に制御する新型 ATS(C-ATS)の導入により、信号が青でも最高速度(68㎞/h)を超えると自動的にブレーキがかかります。

ATC(自動列車制御装置)

三田線・新宿線・大江戸線に設置しています。列車内に車内信号装置があり、列車が先行列車との間隔および進路の条件によって決定される運行速度を超えると、自動的にブレーキをかけて減速又は停止させ、列車の速度を制御するようになっています。

主な規制値

列車の安全な運行を確保するため、風、地震等の災害に結びつく各項目について基準値を定めて列車運行を制御しています。

風:風速25m/s以上→状況を判断し運転中止

地震:震度4の場合→25km/h以下の徐行運転
震度5以上の場合→運転中止

安全確保のための保安設備

列車無線

全列車に設置しており、走行中の列車乗務員と運輸指令所の指令員とが的確な連絡を行っています。

非常通報器

全車両の客室に非常通報器を設置しており、列車内で異常事態が発生した場合に、お客様から乗務員または運輸指令所(三田線・大江戸線のみ)に通報できるようになっています。

非常通報器画像

非常通報器

限界支障検知器

ワンマン運転を実施している三田線・大江戸線の複線シールド区間及び三田線・新宿線の高架部の上下路線の中間に50m間隔で設置し、脱線事故時の列車防護を行うものです。
この限界支障検知器が作動すると、走行中の列車は停止します。

限界支障検知器画像

限界支障検知器

非常発報

全列車に取り付けてあります。この装置は緊急時に電車線の送電を止める必要が生じたとき、乗務員が発報ボタンを操作することにより、運輸指令所および電気指令所に異常を通報するものです。通報を受けた電気指令所では、送電を中止し、安全を確保します。

脱線防止ガード

乗り上がり脱線等の事故を防止するため、レールの急曲線部に脱線防止ガードを設置し、安全確保を図っています。

脱線防止ガード画像

脱線防止ガード取付図

保守点検

安全確保のためには、施設・設備が常に正常に機能していなければなりません。このため、車両はもちろん、軌道、電車線、通信ケーブル、トンネル、橋梁などの整備作業を定期的に行っています。

写真:車両点検状況1

写真:車両点検状況2

脱線防止ガード取付図

大江戸線の車両検査・修繕

現在、浅草線の馬込車両検修場内において、大江戸線専用車両である12-000形車両の検査、修繕を実施しています。リニアモータで走行する12-000形車両は浅草線内を自走できないため、日本の地下鉄で初めて導入した電気機関車(E5000形)により、12-000形車両をけん引し、大江戸線汐留駅から汐留連絡線を経由して、浅草線の馬込車両検修場まで回送しています。

写真:電気機関車(E5000形)

電気機関車(E5000形)

トンネルの維持管理

コンクリート片の落下などの事故を未然に防ぎ、地下鉄を安全で快適に走行させるために、トンネル内では、構造物のひび割れ状況をはじめとした様々な検査を定期的に実施しています。また、検査の結果をもとに必要な修繕を計画的に実施し、トンネルの維持管理をしています。

写真:トンネル打音検査状況

トンネル打音検査状況

ホームでの安全対策

お客様がホームからの転落による事故に遭われないように、防止措置を含めていろいろな設備を設けています。

非常停止ボタン

お客様がホームから線路に転落した場合などに、このボタンを押すことにより、駅付近の列車を緊急停止することができます。
浅草線、三田線及び新宿線では駅のホーム柱や壁に、大江戸線ではホームドアに一定間隔で非常停止ボタンを設置しています。
また、非常停止ボタンをお客様にご案内するポスターをホーム上に掲示しています。

浅草線、三田線、新宿線

非常停止ボタン(浅草線、三田線、新宿線)

大江戸線

非常停止ボタン(大江戸線)

ステップ

万一、お客様がホームから転落した場合にホームに上がりやすくするためのステップを全駅に設置しています。

写真:ステップ

ステップ

ITVモニター装置

列車がホームを出発する際や停車中に、お客様の乗り降りやホーム上の安全を確認し、列車運転の安全を図っています。

視覚障害者誘導用ブロック

ホーム縁端部に目の不自由なお客様が安全かつ確実に到達できるよう誘導ブロックを全駅に設置しています。

写真:視覚障害者誘導用ブロック

誘導ブロック

車両間の転落防止幌

車両と車両との間への転落を防止するため、幌を設けて車両間のすき間を少なくしています。

写真:車両間の転落防止幌

誘導ブロック

ホーム端転落防止柵

ホーム両端部に、転落防止用の柵を設置しています。

写真:ホーム端転落防止柵

ホーム端転落防止柵

ホームドア(可動式ホーム柵)

三田線と大江戸線の各駅に、ホームドアを設置しています。

写真:大江戸線ホームドア

大江戸線ホームドア

写真:三田線ホームドア

三田線ホームドア

ページの先頭へ